猫マニアなDiary


ぽん太逝きました

投稿日: 2011年8月17日(水) 投稿者: admin カテゴリー: うちんちのねこ, ぽん太

1時過ぎにお風呂から出て(めずらしくシャワーだけにした)、なんとなく思いついて酸素室用のゲージを探し出してセッティングして、ほっと一息ついた2時過ぎ。
動物病院から電話が入りました。
嫌な予感がして出ると、落ちついた声で先生が、ぽん太くんの様子がおかしいので、できれば来たほうがいいかも、とおっしゃるので、行きます!と言って家を出ました。
病院に着いて、酸素室を覗き込んで、すぐに、これはだめだ、と思いました。
瞳孔がひらきかかっています。
息も絶え絶え。ほとんどしてないように見えます。
すぐに扉を開いてもらって、ぽん太の体を左手で顔を右手で触りながら、ぽん太!ぽん太!と呼びかけました。
大きく息をしようとしますが、うまく吸えません。
それでも、声をかけ続けると、何度も何度も絶え絶えに息を吸おうとし・・・とうとう、動かなくなりました。
先生に心臓の音など確認していただき・・・でも、もうだめだとわかっていました。
ちび太のときと、同じだったから・・・。

まだ温かいぽん太を酸素室から出してしばらく抱いていました。
舌が出てしまっていたのでしまってあげて、目を閉じてあげました。
温かくて、やわらかくて、腕の中で眠っているようです。
そのまま、先生から話を聞きました。

12時半に様子を見て点滴と薬をあげたときには、落ちついていて、心拍数も160まで落ちたそうです。
それで、もう大丈夫だろうと思ったのだけど、一応寝る前にと様子を見にきたら、おしっこをしたそうなそぶりをして、そのまま様子がおかしくなったとのこと。
今日家に連れ帰ったときと同じ発作です。
それで、寝てるかもしれないと思ったけど、電話をしてみたそうで・・・本当に電話していただいてよかった。
それに、そんな夜中にちゃんと様子を見てくださって本当によかった。
おかげで、生きているうちにもう一度ぽん太に会えました。
ちゃんと、私が来たってわかってくれてたと思う。
そう、そういえば、ぽん太!ぽん太!ってしばらく叫んでたんだけど、あんまり辛そうだったので、お家帰る?苦しい?もういいかな?もう、いっちゃう?って声をかけたら、逝きました。
うん、苦しかったんだよね。ご飯も食べられなくなっちゃったし。

でも、後で書こうと思ってたんだけど、腎臓の数値はすごく下がってたんです。
BUN 79 mg/dL
CREA 4.2 mg/dL
すごく悪くなる前の数値まで下がりました。
だから、気持ち悪くはなかったと思います。
そして、胸水も抜いたから呼吸も楽になってたはず。
心臓も直前までちゃんと動いてました。
お水も飲んでたそうです。
でも、おしっこ、うんちをする体力は残ってなかった。
もう、限界を超えてたんだろうなと思います。

12時半頃様子を見たときに先生が写真を撮ってくれました。
すごくおだやかな顔をしてました。 でも、おだやかなんだけど、ちょっと悟ったような、きりっとした顔。覚悟はできてるって顔かな・・・。

ぽん太最後の写真

ぽん太最後の写真

なんか、さびしい、さびしいって思ってたのは、きっと、予感があったからなんだな。
それに、お風呂からあがって一息ついたところで逝くなんて、なんて親孝行な子なんでしょう。
来週からまた忙しくなるのを知ってて今日逝ったのかしら。
今日なら、明日もあさってもゆっくり一緒にいられるものね。
きっと、まだ、ぽん太は部屋の中にいると思います。
ちび太も迎えに来ているかも。

ぽん太永眠

ぽん太永眠

コメントする

ページ

バナーリンク

メタ情報